最近のブログ記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページからの無料相談はこちら 法律事務所様向け業務 採用情報/《急募》北陸・信越地区代理店、請負事業者、本社幹部候補調査員
運営サイト
夫婦関係調整.com
セキュリティサービス.com
GPSレンタル GSEC
関連リンク
法テラス
社団法人 日本調査業協会
[NIF]未来を拓く情報調査実務研究会
バリヤフリー対応 タウンページにも掲載
お問い合わせのQRコード

【ご相談シート QRコード】

スタッフブログ

調査結果や証拠にはどのようなものがあるの?

2017年5月11日

カテゴリ:社長ブログ 作成者:admin

・写真や動画と詳細なレポートなど

浮気調査や素行調査の場合、調査結果が文章だけで構成されたものでは明確な証拠とはなりませんので、しっかりと写真や動画が提供されることを確認しましょう。

これらの写真と文書によって、対象者がいつどこにいたか、といった内容が明確となります。裁判用の証拠としても使える資料を作成できる業者を選ぶことは必須です。
また、カメラやビデオカメラの利用を実費請求される場合もありますので、事前に確認しておくと安心です。

写真もピンぼけや暗い写真だったり、対象者が判断できないほど小さく写っている場合は、証拠とはならない場合もあります。
探偵業者の技術力はもちろん、高感度カメラや望遠レンズといった機材の有無でも得られる証拠が左右されることになります。
 

弊社は、どのプランにおいても「万一の裁判に堪え得る証拠資料」をご提出しております。
※詳細は「証拠資料作成」ページをご覧ください。
 

もちろん、浮気調査で浮気相手が判明した場合は、相手の住所氏名、勤務先や家族構成なども証拠の一つとなります。
ただ、配偶者の浮気相手が既婚者の場合、その浮気相手の配偶者から見れば依頼者の配偶者が浮気相手となりますので、慰謝料請求の対象となりますので注意も必要です。

LINEで送る
Pocket

その他のブログ記事を見る
お問い合わせはこちら

[受付時間] 月~土/9:00~20:00
日・祝/10:00~19:00
※匿名でご相談いただけます。

※その他のお問い合わせは、076-439-6133(代)まで。