ホームページからの無料相談はこちら 法律事務所様向け業務 採用情報/《急募》北陸・信越地区代理店、請負事業者、本社幹部候補調査員
運営サイト
夫婦関係調整.com
セキュリティサービス.com
GPSレンタル GSEC
関連リンク
法テラス
社団法人 日本調査業協会
[NIF]未来を拓く情報調査実務研究会
バリヤフリー対応 タウンページにも掲載
お問い合わせのQRコード

【ご相談シート QRコード】

過去の解決事例

この状況は「浮気をしているとき」の典型的なケースです

2014年7月3日

カテゴリ:過去の解決事例 作成者:斉藤好一

調査種別:行動調査(夫の浮気)
解決目的:円満解決
解決ポイント:証拠提示により、女性に交際解消の合意をさせることで解決した。
 

■ご相談者様

富山県在住 30代既婚女性 子供(9歳・6歳)
 

■ご相談内容

半年ほど前から、毎日のように夫の帰宅が遅く、休日も仕事と言って外出することが多くなった。
事情を聞いても「仕事が忙しいからだ」としか言わないが、風呂に入るときも携帯電話を持って行き、操作ロックをかけているなど、何か隠し事があるように感じた。
とりあえず、帰宅が遅い理由と休日の外出先を確認したい。
 

■担当者の所見

現段階で断定できませんが、この状況は「浮気をしているとき」の典型的なケースです。
万一、浮気をしていた場合は早期解決が大変重要ですので、念のために実態を確認しておいた方がよいと思います。
 

■調査方法

休日と夜間を含め、ご主人の自由時間に合わせて2週間の行動調査をします。
 

■調査料金

調査期間2週間 200,000円(別途標準経費60,000円・夜間経費50,000円)税別
 

■調査結果

ほとんど毎日のように、退勤後ショッピングセンターの駐車場で女性と待ち合わせて深夜まで車内にいた。依頼者は「夫にはあまり小遣いを渡していないのでラブホテルにはいかない
としていたが、調査予定期間ぎりぎりにラブホテルに行った。
 

■解決手段

当初は夫に、調査したことを言わずに「女性関係がないか」と尋ねたが、夫はまったく認めなかったため、やむなく調査したことを告げると事実を認めた。夫は同女と別れるとしたため、二度とその女性とは会わないことを条件にして円満解決した。

また、念のために女性には慰謝料の支払いを求め、かつ交際解消の書面に合意署名させた。
しばらく様子を見て、交際が続いていないかどうかを2~3か月後に確認する予定。
 


 
※こちらに掲載の事例は、特別に弊社よりご相談者様に許諾をいただいたもののみです。
 基本的には、調査などで得るご相談者様に関わる個人情報は一切公開しておりません。

LINEで送る
Pocket

その他の解決事例を見る
お問い合わせはこちら

[受付時間] 月~土/9:00~20:00
日・祝/10:00~19:00
※匿名でご相談いただけます。

※その他のお問い合わせは、076-439-6133(代)まで。