ホームページからの無料相談はこちら 法律事務所様向け業務 採用情報/《急募》北陸・信越地区代理店、請負事業者、本社幹部候補調査員
運営サイト
夫婦関係調整.com
セキュリティサービス.com
GPSレンタル GSEC
関連リンク
法テラス
社団法人 日本調査業協会
[NIF]未来を拓く情報調査実務研究会
バリヤフリー対応 タウンページにも掲載
お問い合わせのQRコード

【ご相談シート QRコード】

スタッフブログ

探偵の守秘義務や秘密保持はどうなってるの?

2016年5月20日

カテゴリ:社長ブログ 作成者:admin

・調査で知り得た情報は守る義務がある

探偵業は、探偵業法でこの守秘義務・秘密保持義務が定められており、第10条第1項で

「探偵業者の業務に従事するものは、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事するものでなくなった後においても、同様とする」

と定められています。

つまり、法令上通報や報告する必要がある場合や訴訟などの証人として証言する場合を除いて、調査上知り得た秘密は守る必要があります。

また、文書や写真、その他の資料・データなどについても同様で、適正に管理する義務を負うことが探偵業法で定められています。

探偵業者は、保管方法や取り扱いできる人の範囲、資料をコピーする際の手続き、廃棄方法、情報セキュリティーの確保などを明確に管理し、鍵のかかる保管庫やセキュリティー対策が講じられたパソコンなどを用意して置かなければなりません。
 

・守らないとどうなるか

公安委員会より営業停止もしくは営業廃止処分を受けます。
それを違反した場合は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処されます。
 

・こんなポイントで選びましょう

よほど悪質な業者でない限り、知りえた情報を他人に漏えいすることはないと思います。
むしろ、今は情報管理が徹底しているかどうかが重要です。

ほとんどの情報はコンピューター管理ですから、当然外部からの不正アクセスを防ぐことが重要です。セキュリティーソフト程度で情報管理をしているようでは決して安心とは言えません。

ご自身のプライバシーをしっかり守ってくれるセキュリティーシステムを講じている業者を選びましょう。
(当社は、現在最高水準のシステムとされるUTM情報セキュリティーシステムを導入しています)
 
20160520

LINEで送る
Pocket

その他のブログ記事を見る
お問い合わせはこちら

[受付時間] 月~土/9:00~20:00
日・祝/10:00~19:00
※匿名でご相談いただけます。

※その他のお問い合わせは、076-439-6133(代)まで。