最近のブログ記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページからの無料相談はこちら 法律事務所様向け業務 採用情報/《急募》北陸・信越地区代理店、請負事業者、本社幹部候補調査員
運営サイト
夫婦関係調整.com
セキュリティサービス.com
GPSレンタル GSEC
関連リンク
法テラス
社団法人 日本調査業協会
[NIF]未来を拓く情報調査実務研究会
バリヤフリー対応 タウンページにも掲載
お問い合わせのQRコード

【ご相談シート QRコード】

スタッフブログ

浮気調査を切っ掛けに夫婦関係を修復する選択肢も

2017年5月1日

カテゴリ:社長ブログ 作成者:admin

探偵業者に浮気調査が依頼される事例には、大きく分けて以下の2つのパターンがあります。
 
1 .離婚と慰謝料の請求を前提としたケース

離婚にあたっては夫婦双方の合意または、法律で定められた「『不貞行為』等があったこと、あるいはその他婚姻を継続しがたい重大な事由」…
つまりこれ以上夫婦関係を続けて行くことができない、という理由が必要になります。
逆に言えば、理由もなく一方的に離婚を行うことはできません。

例えば「性格の不一致」や「セックスレス」などは、正当な離婚理由としては認められないことが多いです。
浮気の現場を撮影した動画・静止画は、浮気があったことが認められる証拠となるので、撮影は必要なのです。
この場合、浮気相手にも慰謝料を請求できます。
 

2.夫婦間の関係を修復するための材料とするケース

相手の浮気をやめさせたいが、子どもや今後の生活のことを考えると離婚まではしたくない、という場合がこれにあたります。

いわば浮気の証拠をお守り代わりに、相手との関係修復を図るわけです。
浮気の証拠を押さえておけば、相手からの離婚請求が認められにくいというメリットもあります。
「愛人と一緒になりたいから、適当な理由をでっち上げて妻とは離婚したい」という、身勝手な理由による一方的な離婚を防げるのです。
 

このように、浮気調査を切っ掛けに夫婦関係を修復する選択肢もありますし、「証拠」には、必ず離婚するためにだけでなく、円満解決のために役立つ場合もあるのです。

LINEで送る
Pocket

その他のブログ記事を見る
お問い合わせはこちら

[受付時間] 月~土/9:00~20:00
日・祝/10:00~19:00
※匿名でご相談いただけます。

※その他のお問い合わせは、076-439-6133(代)まで。